2007年01月17日

新年早々basement jaxxを見てきました!

jaxx.jpg


かなーーーーり、遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます!!!新年一発目は11日にzepp東京で行われたbasement jaxxのライヴレポをちょろーっと書いてみましょう。そりゃーもーアゲアゲのブちアゲナイトだったぜ〜。


続きを読む
posted by タカチェンCo. at 02:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

今年も朝霧JAMいってきました〜2005

もー一週間たってしまったなぁ。。。いってきましたよー朝霧ジャムに!!!今年はちゃんとライブ&DJを堪能できた〜!これも天気がよかったおかげです。富士山も拝めたしね。日の出はみれなかったけどさ。肉もやいたし、酒もがぶがぶのめた。秋フェスっていうよりはほぼ夏フェスだったなぁ〜。焼けた焼けた。ということで、レポートです!


10.1 (sat)


■A HUNDRED BIRDS
ohanaも見ないで、肉を焼き、思い腰を上げmoon shineへ。DJ yokuが心地よいハウスをまわしてた。けども、すぐにAHBのライブスタート。もーちょっと早く移動して踊りたかったなぁ。
ジャジーなサウンドから徐々にディスコな感じに。演奏も楽しめて踊れるというなんとも楽しいライブ。だったが、激しい尿意で一時退散。トイレで並んでいたら、聞いたことがあるギターリフが。。。。ジャガーだ!!!思わず、ダッシュでステージへ。尿意そっちのけで、踊りまくる。そしたらヴォーカルが入ってきてやった次の曲が、な、なんとoctave one"black water"のカヴァー!!!デトロイトクラッシック連発!感動。そのまま踊りたおし。最後は代表曲botangaで昇天。危なく失禁するところだった。尿意とアルコールも合わさってヤヴァかったなぁ。今CD聞いて思い出し中。まじでよかった涙。


B0006SLDESFly From The Tree
A Hundred Birds TeN sugami

by G-Tools


■REI HARAKAMI
このころになるとけっこー真っ暗。野外で、暗いなか大勢の人の前でピロピロピロ〜っと甘〜いハラカミサウンドが大音量で流れていた。ちょっと不思議な光景。音をちょっと聞いただけで、レイハラカミだ!って思わせるってのがすごいな〜と改めて思う。sc88proだもんなぁ(これね。ヤフオクで1万しない音源。)。脱帽。

が、やっぱりどっちかっていうと家で聞きたいなぁと思いお店を見てまわる事に。

踊れそうで踊れなそうで踊れそうな音になっていたけど、われらはひたすらお店のアサラトを演奏。一緒にいた友人らみんなで購入。アサラトブーム到来!?(みんなちゃんと今でもやってるかな〜?)
B00092QQOSLust
Rei Harakami

by G-Tools


■THE STRING CHEESE INCIDENT
まったく知らなかったバンドなんだけど、raibowついたらすごい人の数で唖然。人気あるのね〜。バリバリバリテクかつ、さまざまなジャンルの音楽を取り入れてる音だった。ラテンっぽい曲やったときはアガッたなー。途中ではけて、飯を食って、移動しようとしたときにtalking heads""のカヴァーが聞こえてきたときは後ろ髪ひかれたな。

B0009EVGO6ワン・ステップ・クローサー
ストリング・チーズ・インシデント

by G-Tools


■SURGEON
B000003SY5Basic Tonal Vocabulary
Surgeon

by G-Tools

macでのDJでバッキンバッキンテクノ。ステージ前は馬鹿騒ぎ。モッシュしまくった。スキンヘッドの人の頭を触ったり、肩車したりと悪ふざけ多発。みんなのっかりまくり。ちょっと2001年のエレグラ思い出した。終盤カムトゥーダディーをかけドガーンと盛りアガッタ。いやー生粋のテクノ好きやクラブフリークの方々がみたらヒくだろうなぁという光景(客の騒ぎっぷりが)だったけど、フェスならではみたな感じだと思う。正直楽しかった。

10.2 (sun)

■KAORU INOUE

ディスコものを連発!一曲一曲長めプレイ。かなりシンプルなプレイだったけど、選曲がやばくて。酒もうまくて。すげーいいパーティー。テックな曲を期待してたけど、あまりにも野外フェスにハマリすぎててそんな期待はふっトンだ。

真昼間で、青天で、さらに山の中で、あんなすばらしいダンスミュージックが聴けるなんて幸せだなぁとジーンときた。あーゆーDJやってみたいもんだ。

そのあとのkosmic renaissanceは、インプロ爆発の難解サウンド。もっとフェーダーボードさばきを見たかったものだが、暑さに負け退散。

B0002VYMB0ageHa vol.05 Mixed by Kaoru Inoue
Kaoru Inoue

by G-Tools


■AIMEE MANN
ぜんぜん知らなかったけど、友人に連れられ見に行くこと。シンガーソングライターということもあり非常にシンプルなセット。以前フジロックにきたエリオットスミスを彷彿してしまって、グッときた。一緒にいった友人はかなりグッときてたらしくイントロが流れるたびに泣いてたなぁ。率直にいい曲かくなと。あと、細!と思った。

かえってきてからすぎマグノリアのサントラを購入。これ聞いてから見に行ってたら泣くわなぁ。ちょっと悔しいなー。これから音源もっと聞かせてもらおう。
B00005HGZDマグノリア
サントラ エイミー・マン ハリー・ニルソン

by G-Tools


■ROB SMITH
あいかわらずぶっといサウンド!3回目だけど野外フェスだとは格別ですなー。ビールがうまい!スミス&マイティーの曲もプレイしてて感激(毎度のことだけど)。レゲエ、ダブ、ドラムンベースと低音味わい放題!!!最後まで聞いてたかったけど、帰りもあるので6時くらいに撤退。。。。

移動しながら、真心を聞いた。サマーヌード、拝啓ジョンレノン様、リラックスオープンエンジョイ、最後はドカンと、、、。ステージを前にして聞きたかったと思いつつ。まぁ聞けただけでもオーケーオーケー。今年の朝霧、よかったよかった。やっぱり天気が良いのが一番。

B0000TCK6IFrom Bass To Vibration-The Best of SMITH&MIGHTY
スミス&マイティ

by G-Tools


去年の朝霧のレポートはこちら
posted by タカチェンCo. at 16:14| Comment(0) | TrackBack(1) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

【metamorphose 05】レポート!A

・Goldie
ゴゴゴゴ、ゴールディー!笑 イエローできいた時はぶっこみばっかりだったけど、けっこーつないでてそれにびっくり。モクモクとつないでたせいもあるのかMCとあんまりかみ合ってなかったよーな。今っぽい曲ぜんぜんかけなかったけど、ドラムンベースをでかい音できくのはよいですねー。4つ打ちとは違ったアガリかたしますなー。スポーティーです。G2Gがあるので1時間しないくらいで撤退。ちょーどよかったかなと。爽快でした。
B00004T4B0Saturnzreturn
Goldie
ねーねー新作まだ!?
by G-Tools

続きを読む Glaxy 2 Glaxy,Ananda Project,Out Hud
posted by タカチェンCo. at 15:25| Comment(5) | TrackBack(3) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

【metamorphose 05】レポート!@

もー一週間たってしまったよー。早く書かないとー。いやー今年よかったよ!ホントに!去年おいしいところで寝てしまったので、今年はカリをかいしたぜっ!

・Hifana
 テントでまったりしすぎて音だけ聞いた。音だけ聞いてると、若干ずれてるところもわかりホントになまなんだなーって思わされた。普通にみると絵とかとバシバシリンクしていてホントに演奏してんのかーって思ってたんだよね〜。あのリアルタイムで声を加工するのはどーやってんだろう???アサラトやってほしかったー。彼ら見たくアサラトうまくなりてーよー。
B0009OASKECHANNEL H
HIFANA

by G-Tools

・Boom Boom satellites
 新作がよかったのでライブ見たかったんだよね〜。かなりロッキンになっておって驚きました。シンセや打ち込みと生楽器の出し入れが非常にうまいし、ロックのダイナミックさをかかんに取り入れているなと思った。けども、最初のほうだったからか爆発的な盛り上がりってわけでもなく、ちょっと淡々とした感じもあったかなー。周りの反応はフジロックの方がよかったとのコメントが多かったなー。おれそんときロイクソップ見てたー。
B0007OE5ICFULL OF ELEVATING PLEASURES
BOOM BOOM SATELLITES
TKCによるレビューあり
by G-Tools



続きを読む Marco bailey,tortoise
posted by タカチェンCo. at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

【fujirock05】一日目A

・クレイジーケンバンド(orange court)
期待以上のすばらしいライブ!!!イイネイイネイーネ!!!これぞ日本人による日本人のためのエンターテイメント。東洋一のサウンドマシンは伊達じゃなかった。
ムーディー楽曲からギターキッズ心をくすぐる小野瀬雅生ショー(BORN TO BE WILDやった笑)をはさみ、後半にかけて上げ上げな曲連発。タイガー&ドラゴンもやりました。なけました。アンコールは代表曲GT!のりのりで手拍子してしまった。みんなと一緒に参加してるわーという感じがすごくした。
あーゆーおやじになりたいなー。
B0007WZXTYタイガー&ドラゴン
クレイジーケンバンド 横山剣 小野瀬雅生

by G-Tools

・DJ Peanut Butter Wolf(red marquee)
3分以内でガシガシつなぐ!安定感がバリバリあってうまさがびしびし伝わってきたー!大ねたもかけまくり。とっても踊れたのだけど、赤犬見たさで退散。今思うとずっとレッドいてもよかったなーと。
B00006IIXUJukebox 45's
Peanut Butter Wolf

by G-Tools

・赤犬(苗場食堂)
人が多すぎてぜんぜん見れない。。。けど、やっぱり面白かったぜー!途中の橋本コールに感動したっ。最後はいつものU.N.C.O!超ファンキー!それにしても人が多すぎた。ホワイトとかでやってよー。
B0000AFOVOばかのハコ船
赤犬

by G-Tools

続きを読む Crown City Rockers,madlib,Evil Nine
posted by タカチェンCo. at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

【fujirock05】前夜祭〜一日目@

・前夜祭
えー今年もアーチストぜんぜん見ないで飲んでました。花火をまともに見れたのは実は初めて。なけました。苗場食堂を半分ほど占拠しハデに飲み会、いつものメンバーにお初の人たち、久々な人たちなどなど入り乱れ。笑いっぱなし。みんなとばしまくってたなぁー。

会場を追い出され宿へ。初の宿ということもありウカレて飲むどーと意気込んでたけど、隣のお客さんに注意されたりして静かにすることに。まーコソコソしょーもない話をしてましたが。3時半ごろ就寝。

・一日目〜ドラゴンドラ
8人さまでしょっぱなはさっそくドラゴンドラにいくことに。その前にワールドレストランでめし。オムレツカレーおいしかったけど、口内炎ができてすんげー痛かった。今年からドラゴンドラへはレッドマーキーから直でいけるようになっていた。去年はバスにのっていったんだけどね。サファリパークみたいだったけど笑
ドラゴンドラ、やはり面白い。すんげー眺め。やっぱりバカは高いところがすきだということはほんとらしくすんげー興奮しました。このときは天気よくてよかった。

きぐるみと写真とったりいじったり、遊具であそんだり、展望台にのったり、ソフトくったり一通り堪能。縄跳びやりたかったなぁ〜。

続きを読む tokyo no1 soul set,コマイヌ,prefuse73
posted by タカチェンCo. at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

タカチェンコの現場におじゃましまーすスペシャルfujirock05

今年もいってきちゃいましたー!フジロックに!今年は宿があって快適快適。
雨にずーっとふられてしまったけどね〜トラブルも無く楽しんできちゃいましたよーん。

去年のレポートは完成できなかったから、今年はシンプルに書いていこうかな。毎年フジロクのテーマを勝手に発見していた(去年のテーマはハードゲイ!?)んだけど、今年は「コールアンドレスポンス」 !そのへんはレポで徐々にふれていければと思うぞな。

これまでは家に着くと「終わっちゃったよー」と悲しくなったもんでしたが、一ヶ月後にはメタモがあったりするし、フジロクがきっかけで仲間も増えていったりしてたりするので、なんか充実感みたいなもんがあったなぁー。

とりあえず、行った方々お疲れ様でした!!!来年は10周年、パーっとやりましょー。
posted by タカチェンCo. at 15:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

【渚】音楽祭-春

 渚に行ってまいりましたぞーっ!!!!!!!!!!!!!!!!今回の目玉はカールクレイグっ!天気もいいしめちゃめちゃ花見びよりじゃね〜かと午前からうかれていたのですが、マジレンジャーをチラミしつつ二度寝してしまいまして、起きたの12時ころ。焦って電車に飛乗って、東京テレポートに向かったのです。この日はwillyもあったので、前回より行くっちゅー友人は減ったもののパーチーピーポーな友人と連絡とり長蛇の列を尻目に即入場。gocooの音が鳴響くなか会場を見渡すとなんだか人が前回よりもおおい。さらに座って呑んでる人がおおいような気がして、もう花見ですな。飲み会ムードがただよってた感じでした。んで始まったのがケンイシイさんのDJ。ちょっと踊ったけどもなんだかノレないのでやっぱり呑まなきゃと思いビールを飲んだら即スイッチオンってな感じではしゃぎました。ファンキーなディスコネタテクノとパーカッシブなテクノが中心って感じでした。まさに祭り系。Cave「Street Carnival」ネタやその手のパーカッション系が印象的でした。その後EYEちゃんのDJを聞きに移動。俺個人的なイメージ(ディスコっぽいハウスをかけるという)とちょっと違う感じで面白かったです。んで飯探しにぶらついてたら真中当りのステージからUKガラージっぽい曲が聞こえてきて驚きました。カレーを食ったあとに本命のカールクレイグで踊りに行きました。ブリブリなものや綺麗目でメロディアスなものや、アフロなもの、デトロイトクラッシックスなどなどたらふく聞けました。カールクレイグのDJは、うまいってゆーよりアーティスティックといった印象がありました。中盤あたりのジャジーかつアフロなビートのループにはインナーゾーンオーケストラを彷彿してしまいました。あとn.e.r.d.「she wants to move」のインストかけたのは面白かったです。やっぱりhi-tek jazzはベタですが、泣けました。やっぱりイイ曲だなと。しめの方になるとテクノから一転ramsy lewis「sun goddess」、detroit experiment「highest」とソウルフルな曲にもっていってて感銘深かったです。なんか俺の好きな音楽聞いてくれーってな感じがするDJでした。こーゆーDJしたいなぁ〜〜〜。と思ったわけです(久々にDJしたいぞーーーっ!ミキサー買わなきゃ。。。。。。)。起き掛けの体調が悪くて乗り気になれなかったんですが、いってよかったと思いました。ここ数日ポジティブに音楽が聞けなかったんですが、一気に回復しました。次回の渚2デイズだそーですぞ。誰がくるんだ!?ダニークリビット、カールコックス、イジェットボーイズとか聞きたいな〜。お願いします!続きを読む
posted by タカチェンCo. at 20:07| Comment(2) | TrackBack(1) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月13日

【渚】音楽祭-秋

昨日、お台場で行われた【渚】音楽祭-秋に行ってきちゃったのでさっそくレポート。

やっぱりイベントの前の日はうまいこと寝れないだけども頑張って起床。といっても予定より1時間オーバー。スーパーに行きビールとつまみを購入。朝食と一緒に呑みはじめる。金銭的余裕がないので会場ではあまり酒を買えない。んじゃー朝から呑んじゃって吐いちゃってで行こうと呑んだわけだ。最初はだんだん楽しくなって現地に行く友達とメールしたり連絡とっちゃったりとワクワク感を高めていったんだけども、弟がもーちょっと寝たいというので30分ほど出発を遅らせて横になってたら徐々に具合悪くなってきちゃった。やっぱ直前で呑んだほうがいいね(これ教訓)。続きを読む
posted by タカチェンCo. at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月10日

【朝霧JAM】レポート!

全四回に分けてかいた朝霧JAMのレポートをこちらにまとめておくぜい。フジロックばかりいってたのでひじょーに新鮮だった。来年も行きたいなぁ。雨はフジロックでなれたけど(特に去年なんかね)、ちょっときつかったなー。来年は朝日を拝みたい。あと酒に飲まれないようにしたい。モグワイおしーことしたなぁ・・・。くいをのこしてこそフェスだ!と思っておこう。ベストアクトはタモリ倶楽部で!ってオイ。各記事の下には見たアーティストを書いておいたど。予定よりも全然見れてねー。

・@タモリ倶楽部面白すぎ!俺的前夜祭だった。
[タモリ倶楽部]
・A昼間から焼いちゃって呑んじゃってで騒いだね。

・Bモグワイで記憶喪失!?
[FREDERIC GALLIANO with African Diva,DJ COJIE from MIGHTY CROWN]
・Cひたすら雨の二日目だった。帰りに温泉さいこーでした。
[DJ FRED,ROVO,Los Lobos,audio active]
posted by タカチェンCo. at 17:20| Comment(2) | TrackBack(1) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月08日

【朝霧JAM】Cひたすら雨の二日目だった。帰りに温泉さいこーでした。

雨は強くなるばかり。テントの屋根に水が溜まっててなんか頭上に水槽がある感じ。友人が頑張って落してたなァ。5時頃に起きるも状況かわらず。朝日を拝めなかったよぉ。ひたすら雨がふる。もう寝つづけるっきゃないと寝る。

朝友人から電話をもらい朝食を食べに呑み仲間達のタープへいき焼肉。雨にあたってテンションさがってたけど何か食べると多少なりとも元気がでるもの。その後、雨もやまないことだし午前のうちに車に荷物をおきにいく事になった。高校からの友人ともバッタリ会う。グリーンピアで雨宿り。ホッとする。友人がおみやげ売り場で蛇のおもちゃをもってこっちを見ている。爆笑。ガキ使の七変化みたいだった。なんやかんやで2時まで居座るがこのままでは何も見ないで終ってしまうということで移動。再び雨の中へ。タープへ行ってカレーとなべをごっちぁんになる。なべうますぎ。かなり食べた。続きを読む
posted by タカチェンCo. at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月06日

【朝霧JAM】Bモグワイで記憶喪失!?

ほろ酔いでDATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDENを見に行った。菊地さんの衣装がジャージにスカジャンじゃなかった。しょっぱなからアッパーで踊れる音でおどろき。意外や意外終始踊れるナンバー連発っ!このときもしかしてrovoも最初からアゲアゲなんじゃねーのとふと思う。
その後またまた仲間達のタープに戻りのみまくり。このまま呑むだけのフェスになってしまいそうだったけどFREDERIC GALLIANO with African Divaは拝みたいとMOONSHINE STAGEへいく。こちらもアゲアゲで踊れたねー。終盤にいったのでafrican divaの歌は聴けなかったけどね。続いてDJ COJIE from MIGHTY CROWNのレゲエサウンドに酔いしれる。ほんとのみすぎてて記憶がうっすら。とにかく踊れたってことと盛り上がってたってことは覚えております。楽しく踊れてたけどmogwaiの時間になってきたので移動。RAINBOW STAGEに行くともう始まってて轟音なってたなぁ。。。。。。。

きずけばステージ付近で寝てた。時計をみたら12時!ステージの前は人もいなくなってた。えっ!いつ寝たんだ?友達と一緒にいたような。。。誰も俺がぶったおれた事をきずかなかったのかなぁ。12時って事はmogwaiだけじゃなくFAITHLESSの間も寝ていたのか!!!大ショック。正直、、、ポカした。呑みすぎたのか記憶がまったくござんせん。いつ横になって寝たのか、まったくわかんない。記憶喪失!?mogwaiのライヴに感動して気絶したって事にしておこう。UFOにさらわれた人の気持ちがわかったような気がした。
雨も降ってきたことだしもーふて寝だふて寝だとテントに戻る。だれもいない。端っこで寂しく寝る。人のバックを俺のものと間違えマクラにしていた。最初は俺のだっていいはってたし。申し訳。。。踏んだり蹴ったりである。友人から誘いの電話くるも眠さと雨とで断念。雨は強くなるばかり。悲しくてやりきれない夜だった。タイムマシーン作ってよぉ、ほりえもーん。


・Camp in 朝霧jam〜It's a beautiful day〜公式HP
posted by タカチェンCo. at 23:46| Comment(1) | TrackBack(0) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月05日

【朝霧JAM】A昼間から焼いちゃって呑んじゃってで騒いだね。

当日(10月2日)
2時間ほどの睡眠だったけど予定通りに出発。新宿のレンタカー屋の前でヤングなT大生を中心とするメンバー達と合流。事前のうち合わせをサボったので初対面ばかりで緊張。アウェーに強いと自己暗示。なんやかんやで出発は8時頃。
高速を降り、ちょっと進んだところに長渕剛が描かれた看板のお店を発見。逆サイドは寅さんだった!そしてすぐ先に、ターミネーター扮するシュワルツネッガーと竹内力の絵の看板が!!!逆サイドをみたらオードリーヘップバーンと上戸彩が描かれていた。さらに道の駅では、1UPキノコを彷彿させる巨大キノコが売っていて驚いた。さすが朝霧ジャムである(そいえば行きが楽しいという話を聞いてたなァ、というかまだ現地着いてませんから)。

現地に到着。天気も良好。タンパン持ってきたほうがよかったなぁと思いつつバスにノリ会場へ。バスから無数のテントが見える。テンション上がる上がる。もーテントいっぱいたってたけど場所を取っていただいたおかげ(ほんと感謝!)でうちの巨大テント「風雲タカチェンコ城」を無事建設。BBQやってる仲間のところへ行く。すげーテンションの仲間達。かけつけ焼酎イッキやらされる。濃かったけどみんなのテンションに追いつけと頑張ってのむ。この時だかわすれたけどタープのとなりで厚木からきたって子と遭遇。歳も近く、今度ズンドバー行こうぜ〜とか話したけど特に進展なく。心残り。まぁ呑みまくっててこの変記憶があやふや。とにかく騒いだ。みんな昼間からアッパーだったぞぃ。GRANDBOB見に行こうと思ってたけど音が聞こえるからいいや〜ってな感じでずーっとタープで呑んでたような気がする。


・Camp in 朝霧jam〜It's a beautiful day〜公式HP
posted by タカチェンCo. at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【朝霧JAM】@タモリ倶楽部面白すぎ!俺的前夜祭だった。

前日(10月1日)
二週間前まで全然準備してなかったけど、レンタカー三台で現地に向かう友人の軍団にまぜてもらうことになった。新宿から厚木から朝の集合時間に間に合わないっぽいので友人宅に泊めてもらうことになった。

8時半頃にうちをでたけど、チケットわすれてもどったりしたので友人に会った時には11時半すぎになっちゃった(お互いタモリ倶楽部には間に合えばいいと思ってたらしい)。
ビール呑みながら楽器を弾いたり、タモリ倶楽部を見たり。この日のタモリ倶楽部はモー最高だった。みうらじゅんと浅草キッドを迎え大人のおもちゃ屋で数々の商品を紹介。MJの箱買いしたローター、玉ちゃんのポリタンクのローション、シースルーの和式便器など爆笑&感動。その後楽器を弾きつつ三時台までずーっと呑んじゃった。次ぎの日早いのに。やけに梅酒がうまいんだもんなぁ。


・Camp in 朝霧jam〜It's a beautiful day〜公式HP
posted by タカチェンCo. at 15:43| Comment(6) | TrackBack(0) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月01日

【RAW LIFE】レポート!

ようやく完成したRAW LIFEレポート。こちらにまとめておくぜ〜。もう今週末朝霧あるので急いでかいたよ。

メタモのレポと同じく各記事の下に主に見たアーティスト名を書いておいた。
・【RAW LIFE】前夜祭@レポート開始!そこはまさに夢の島だったよ。
EYE、KAZ、ミズモトアキラ、福富幸宏
・【RAW LIFE】前夜祭A朝日がたまらんかったね。
井上薫、瀧見憲司、曽我部恵一
・【RAW LIFE】@秘密博士のDJ歌謡ショーを堪能したぜ!
秘密博士
・【RAW LIFE】A壮絶!クラストコアを体験
CICADA、Struggle for Pride
・【RAW LIFE】B夏を終わらせる勢いで盛り上がった
Zero、Ani、Wack wack rhythm band、Scoobie do、オーサカ=モノレール
・【RAW LIFE】C夕暮れまったりタイム
breath mark、shiro the goodman&モユニジュモ、Natural calamity、長谷川賢司、sly mongoose
・【RAW LIFE】Dまた夜がきたよー。最後まで盛り上がりまくったなぁ。
bird、Tucker、ギターウルフ

また来年もやってくれー!!!
posted by タカチェンCo. at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【RAW LIFE】Dまた夜がきたよー。最後まで盛り上がりまくったなぁ。

18:50
もーまっくら。Grass stage westでクラムボンの別名義ジャムセッションユニットcjammbonを見た。音源は出してないんだけど、ライヴ音源を録音してOKなんだって。海外のジャム系だとよくあるらしいんだけども日本で彼らくらい有名でそうやってるのは画期的だと思った。クラムボンの印象とはまったくちがくハードでスリリング。演奏力をバリバリ感じた。あまりにトランシーすぎたのかそれとも疲れすぎたのか数回立ち寝してしまった。即興かつ、スクービーのmoby氏やticaの石井氏というゲストがあったりとスペシャル感が高かったなぁ。

19:30
続いてGrass stage eastbirdを見に行った。アコースティックギターとパーカッション(なんとGENTA氏)のみのアコースティックセット。正直メジャーなアーティストだから見とかねーと損だぜ〜みたいな貧乏根性で見たんだけど、そんな俺が申し訳なくなるほどすんげーよかった。ふと疲れを忘れる心地よい歌声でござんした。最後はデビュー曲「souls」をやってくれて初期の頃をよく聞いていた俺としてはエラそうに大きくなったのぉと感動。グッと胸にくるものがあった。

20:10
もうラスト二つ。休まずGrass stage westtuckerを見た。ターンテーブル、ベース、オルガンなど演奏しまくり。どれもバリテクでロッキンでかっこいい。途中ベースを持ちながらステージから落っこちちゃったりとアクシデントもあった。最後は恒例の放火もやってくれた上に、機材をぶったおしちゃったりとかなりテンション高いショーだった。最後アンコールできるほど時間があったけど、ハデに機材を倒しちゃったせいでできなかったのかな?

20:50
20時間ほど続いたrawlifeの最後はGrass stage eastでのギターウルフ。フジロックとかで見る機会ありそーで見てなかったんだよね。もーちょーロックンロール!モーレツ。やっぱりダイブ発生しまくり。疲労こんぱいだったけどクギズケになったしまった。音量が気に入らなかったらしく音量あげろと指示しまくってたり、オーディエンスの少年にギターを弾かせたり、2メートルくらいのスピーカーの上から飛び降りたりとセイジさんすごかった。rawlifeを締めくくる壮絶なライヴであった。最後にいいもの見させてもらったね。
ライヴが終了しゲートへ向かったんだけどまだcafeteriaではDJがプレイしてた。いつまでやったんだろうなぁ。疲れて眠かったけどかえるの切なかったなぁ。なんやかんやで20時間以上いたんだもんね。

23:00
2時間ほどで帰れるなぁと思ってたんだけど町田あたりで寝てしまい起きたときには5駅ほどすぎてしまった。焦って降りて逆方向の電車があるか駅員さんに聞いたら最後の一本がギリギリあった。そんで20分ほどまつ。無事乗れてもよりの駅の本厚木に到着。こうゆうときは不運がつづくもので、駐輪場についたらチャリンコがパンクしてんの。普通にかえれば15分くらいで帰れるんだけども、チャリンコおしてかえるはめになって40分かかった。疲れてるのによぉー。ついてない。だんだん運気が減っていったような気も・・・。着いたときは1時だった。
まぁそんなこともあったけど楽しい二日間だったよ。来年も是非やってください。お願いします。

なにやらこれっきりではないようだね。公式HPでMAILING LISTに登録してみよう。
posted by タカチェンCo. at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月29日

【RAW LIFE】C夕暮れまったりタイム

16:00
座ってGrass stage eastでのbreath markを聞く。ジーンときちゃった。ナントもすばらしいお声。ステージ周辺は先ほどまでのアゲアゲな雰囲気とうってかわってチルアウトな雰囲気へ。みんな座って聞いていた。
16:50
Grass stage westから原田芳宏が演奏する心地よいスティールパンの音が聞こえてきた。ちょーまったりな雰囲気。だけどもshiro the goodman&モユニジュモが気になっちゃってraw stageへ移動。
ukガラージっぽい音やダンスホール、ドラムンベースとはちゃめちゃ。そこにモユニジュモのMCがのりもっとはちゃめちゃ。あまりの人で道路をはさんで歩道で観賞。人気あったなー。
17:30
Grass stage westに戻り座りながらNatural calamityを観賞。夕暮れにぴったりなチルアウトサウンド。寝てる人もちらほら。会場の雰囲気とばっちりあっててすげーよかった。こうゆう雰囲気はraw lifeならではなんじゃないかなーって思った。
Cafeteriaにちらっといってみると長谷川賢司さんがDJしてた。踊っちゃいました。

18:30
休憩してたらGrass stage westsly mongooseが始まってた。前日とかに見るぞーって思ってたんだけどさすがに疲れたので座って聞くことにした。レゲエ〜ダブバンドなんだけどロッキンでオルタナティブな感じをかもちだしててかっこよい。ダンサブルな曲もあったりと音楽的な幅もビッシビシ伝わった。元気があれば踊りまくりたかったなー。ちょーど日が暮れちゃった。RAWLIFE始まって二回目の夜かぁ、と思う。




posted by タカチェンCo. at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月28日

【RAW LIFE】B夏を終わらせる勢いで盛り上がった

13:30
Grass stage westZeroをみる。ロッキンでパワフルなバンドサウンド。そしてサックスやSE的にビュンビュン入るスクラッチでぐいぐいあげられながらトランシー状態に。ベースレスなんだよねー。生バンドのジャム系ダンスアクトはいろいろあるけどこのバンドはなんか一風変わった感じがして面白かったぞい。
CafeteriaでDJするAniが気になるので行ってみることに。ちょーファンキー。ファンク、ディスコを掛け捲り。アパッチをいきなりかけたりとやんちゃなところもあったりして楽しい雰囲気。テープ作ってほしーって思った。
Grass stage eastにぷらっと行ったらWack wack rhythm bandがガッツンガッツ盛り上がっててこちらも楽しい雰囲気。サックスの女の人の盛り上げ方がかなりヤンキー入ってた感じで怖かったけどすげー気合伝わりました。

14:50
友人と合流。Grass stage eastでのScoobie Doを前の方で見ることに。すばらしいロックンロールショーだったぞ。アゲにあげてきめるとこきめまくりというか。演奏もすげーよい。ソウルフルでファンキー。Voのトーク&あおりが面白すぎ!笑えたりかっこよかったり。勝手に来年も出演することにしちゃったしねー。かなり楽しいライヴ。ほんと出て欲しい。っーか場所かえてでもraw lifeやるべき。来年もscoobie do見たいね。

15:30
Scoobie doでの興奮冷め遣らぬなか疲れてたけどテンション高かったのでGrass stage westでのオーサカ=モノレールを見にいった。炎天下でビシットスーツ姿のやつらによるファンクショー。じわじわっとあげてくグルーブ。かっこよかったぞー。やはりフロントマン中田氏、動き、トークとも面白かった。
連発でライヴ見た疲れがでたのでひとまず退散。座って観賞。元気があれば最後までバリバリ踊りたかったなぁ。このあたりから疲労感との戦いになるのであった。

・RAW LIFE 公式HP
posted by タカチェンCo. at 01:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月27日

【RAW LIFE】A壮絶!クラストコアを体験

11:00
Grass stage westへ戻る。友人達はステージのモロ下へもぐりこんで寝ていた。こんなことができるのもRAWLIFEの醍醐味なんだろうなぁ。ステージ前でも寝てるひとが結構いた。そんでCICADAを見た。生演奏系ダンスアクト。リズムから何から生。ギターのディレイっぷりがサーフミュージックっぽいけどもトランシーなサウンド。少々リズムがずれた感じがするところが何回かあったけども、!!!のライヴにも近い踊れるバンドサウンドであった。
その後、人生の最後、白米に何を乗せて食べたいかと聞かれ生玉子と答える。あとあと考えなおしても玉子だなぁと思った。納豆もいいなぁ・・・。あと近くにひとりギターを弾きまくっている長渕ファンらしき人がいたなぁ。その後ヤバイバンドが立て続けにやるので、友人を探しぶらぶら。合流後Scoobie DoのドラマーMOBYさんから握手してもらってフライヤーをもらう。かっこいい人だったよ。

12:30
なんやかんやでabraham crossに間に合わず、ついたときにすぐ終わってしまった。なんかすごかったっぽい。そして次ぎに登場したのがStruggle for Pride。しょっぱなから地響きのようなゴリゴリ音が炸裂。すぐさま柵が撤去。オーディエンスの上を柵が移動する様に唖然&爆笑。後ろの方にいたからなにやってるのかわからんかったけどすげーってのはビッシビシ伝わった。強烈な轟音、さらに高速、なぜかアンビエントばりに心地よいサウンドに聞こえてくる。体に悪そうで実は体にいい音楽なんじゃないかと思えてきた。ダイブしオーディエンスの上で叫ぶヴォーカル。狭い中激しく盛り上がる。なんかすげーもんみたって感じだった。いや〜RAW LIFEって素敵やん。

・RAW LIFE 公式HP
posted by タカチェンCo. at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月26日

【RAW LIFE】@秘密博士のDJ歌謡ショーを堪能したぜ!

8:00
超晴天。ぶっとーしで遊んでたいたけどここからさらに12時間もあるという事で芝生の上で寝ることにした。FRISCOTUFF SESSIONPOWWOWと元気のいいレゲエサウンドを聞きながら断続的に寝る。それにしても日光がドギツい。
9:00
秘密博士にまにあわせようと起きたんだけど、1時間ほど日光を直撃しながら寝ていたせいか、頭ぐらぐら。まわりを見ても雰囲気はわかるけど色がない。朦朧とする中、水を買いにいこうと思いきや土壇場でたどりつけず、芝生にゴロンと倒れこむ。こんなにキツイ目にあうなんて久々。フジロックでもこんなにグロッキーになることはなかったのに。財布の小銭を手にとってみてもどれが何円玉なのかわからないくらい色がわからなかった。日光おそるべし。15分ほど倒れていたら回復してきたので水を買ってのむ。健康が一番だなぁと実感。さっきまでの瀕死の状態がうそのように元気爆発。RAW STAGEへ向かう。
9:30
ついたときはまだSTUPIDO BOYZがやってた。朝からノイジーサウンドが聞けるとはなんともヘンテコなフェスだなぁと思ってたら、これまた変な音が。レトロな宣伝である。秘密博士のDJ歌謡ショーが始まった。ムード歌謡を自ら歌をのせるというスタイル。これまた歌がうまいのである。熱いセリフも披露。なまめかしい大人の世界を歌う曲の数々に酔いしれた。カーペーンターズの日本語版には爆笑&合唱。
次ぎのバンドが博士の最後の曲にかぶるように演奏をはじめちゃったり、ハウリまくったりとアウェーな感じだったかもしれないけども、あの場にいた多くのヤングのハートをキャッチしたに違いない。

おまけ:主宰者浜田氏(某ファッション誌Oーリーの方らしい)の開催前のインタビュー発見

・RAW LIFE 公式HP
posted by タカチェンCo. at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。