2006年04月05日

ニュースタカチェンコ 一風変わったレディオヘッドのカヴァーアルバムがでるぞい。

・優良レーベルBBEからレディオヘッドのカヴァーアルバムリリース。
レディオヘッドを青春パンクな野郎どもや大御所ロックバンド様たちではなく、ヒップホップ、ハウス、ジャズなどダンスミュージックシーンのアーティストがカヴァー。タマラン!!!リリースはBBE。やるな!やっぱこのレーベルはすごい。1曲目なんてshaw leeによるno suppriseだってよ。やべーだろ。こりゃ。shawn leeといえばSilent poetsの新作に参加していて、うたっている曲全部ヨカッタ!!!クールな質感のサウンドに良く合う。他にも、SA-RA、Bilal、Mark Ronson、RJD2、Matthew Herbert、Meshell Ndegeocello、Osunlade、Platinum Pied Pipers、Cinematic Orchestraなどなどものすごいメンツ。sa-raとか絶対にヤヴぁいだろ(そいえばkanye westのレーベルからアルバムいつでるんだろ???)。ブラックミュージックのアーティストが多いのが面白い。bilalがうたったhigh&dryは既に世に出てて聞いたけど、ソウルフルすぎてレディオヘッドだと最初わかんなかった笑。カールクレイグが若いころスミスやキュアーを聞いていたように、今のヒップホップのアーティストはレディオヘッドを聞いてきたのだろうなぁ。こんな素敵な企画があってもあまりロックもヒップホップもどっちもいけるぜってな人が少ない気がしてちょっこす悲しい気もする。

Exit Music: Songs for Radio HeadsExit Music: Songs for Radio Heads
Radiohead

by G-Tools

SUNSUN
サイレント・ポエツ

by G-Tools

wire069月に開催

今年は遅めの開催。場所は横浜アリーナ。またジャニーズに先をこされたのかな!?4月7日から早割受付開始。


・コールドプレイ、昨年世界で1番売れたアルバムに

coldplayの3rdアルバム「X&Y」が世界で830万枚売れたんだって!!!すげーな〜〜〜。やっぱりアメリカでのヒットがでかかったんだろうねぇ。泣きのメロやタイアップとかいろいろポイントあると思うけど、何気にカントリーっぽいところもあるのがヒットの要因かなとか思ったりしとります(恥ずかしながらいまさら聞いてます)。50、BEP、EMINEMなどヒプホプはやはり強い。そんな中で2位のマライア、6位にマドンナとフレッシュな時期を過ぎたかつてのアイドルも大健闘。どちらもアルバムよかった。特にマドンナはすごいね。毎回よくもわるくもとっちらかった感あったけど、今回はビシッと決めてきた。プロデューサーを務めたスチュワートプライスことジャックルコント君は若くしてガッポガッポになったでしょう。いつか「昔フジロックで一緒に写真とったよなー。飯おごれヤ」と言いたいです。
X&YX&Y
Coldplay

by G-Tools

Confessions on a Dance FloorConfessions on a Dance Floor
Madonna

by G-Tools


攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX Solid State Society
攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEXの続編が製作が決定!!!個別の11人の続編だってよーん。映画とSACの間の話みたいねん。長編で何本かやるようです。楽しみです。ある意味神山さんが思うパトレーバー3となるのか!?!?押井守の新作「立喰師列伝」は4月8日ロードショー。もうすぐじゃんっ!

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven
士郎正宗 田中敦子 阪脩

by G-Tools



posted by タカチェンCo. at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヤヴァイね。気になる。
買いだね。マストだね。
Posted by sib at 2006年04月13日 02:02
新譜買わない俺でも買うかもーーーーっ!!!

Posted by TKC at 2006年04月19日 20:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。